水泳飛び込みをこっそりマスターしよう!スタート台からの流れが重要

水泳飛び込みをこっそりマスターしよう!スタート台からの流れが重要

ここでいう飛び込みは、高飛び込みではなく、水泳での飛び込みです。
初心者にありがちなのが「腹打ち」ですね。
これで痛い思いをして、飛び込みが中々できないという人もいるでしょう。
コツをつかんでしまえば、きれいなフォームで飛び込みができます。

飛び込みって?

水泳の飛び込み

スタート台の上から号令に合わせ、水の中に飛び込みます。
飛び込みができるだけで、水泳への意欲が違います。
飛び込みが下手だとお腹を打ってしまい、痛い思いもしますし、豪快に水しぶきをあげてしまい、周りにも迷惑をかけてしまいます。
きれいに水しぶきを立てずに、流れるように水の中に飛び込むフォームは憧れですね。

飛び込みの練習

プールの中

いきなりスタート台から飛び込むには、恐怖心の方が先に立ってしまいます。
スタート台が無理ならば、最初はスタート台を降りて、一段低い所からチャレンジしてみましょうとするところもあるようですが、最初は水の中で飛び込みの練習をしたほうがいいでしょう。
高い場所から飛び込むよりも、手の位置などが確認できますので、最初はイメージをつかむつもりで水中から始めます。

練習方法

水の中に台を置き、その上に立ちましょう。
足を前まで出して、指全体で角をつかむようにします。
頭の上に伸ばした両手は、耳を挟むようにしてかまえます。
指先は分かりやすくいうと、重ねるようにして親指を内側に入れます。
手が離れないように構えるといいでしょう。
耳を挟むように構えることで腕よりも顔が若干したにきます。
軽く膝を曲げて構えた腕を伸ばした状態で、上半身を前かがみにします。
構えた指先が水についたら足を蹴ってみましょう。
指先が水に入った地点から、頭、腰、足先と順番に水に入るのが理想的です。
水に体が入って伸びるときに、構えた腕を水面に向けて上向きにすると、飛び込んだ後の泳ぎのフォームに入りやすくなります。
こうしなければ、体の進行方向が上にいかずに、うまく泳ぎに移行することができません。
何度も練習してうまく水の中から飛び込めるようになったら、水の中で手足を動かさないで、飛び込んだ勢いでそのまま進んでみましょう。
飛び込むイメージと、飛び込んだあとのイメージができたら、今度は飛び込んだあとに足をキックさせてみます。
どのような感じで水面にあがるのか、体で覚えていきましょう。

スポンサーリンク

スタート台から飛び込む

飛び込みの練習

水面から少し位置が高くなりますので、ちょっと怖いと思うかもしれませんが、慣れると飛び込みも楽しくなります。
練習次第で上手に飛び込めるようになりますので頑張りましょう。
怖がって勢いがなければ腹打ちしていまいますので、思い切って飛び込んでみましょう。

飛び込むまでの流れ

スタート台の上に立ったら、前に出て台の角に足の指を出します。
足の指で角をつかむようにして立ちます。
膝を曲げて前屈みになり、指先を足の指に触れるように構えます。
競技でいえば、「位置について 用意!」の号令のときに、このポーズになります。
次ぎに、膝を使って全力でだい台を蹴ります。
スタートの号令で、思いっきり台を蹴りましょう。
蹴ったときの腕は、水中での練習のときのように、耳を挟むようにして構えます。
このポーズがちゃんとできていれば、自然にアゴが引いた形になります。きちんと耳を挟んでいなければ、アゴがあがり、流れるようなラインができないので、腹打ちをすることになります。
指先から、頭、腰、足の指先の順番で水に入ることを意識するのを忘れないようにしましょう。
これさえ守っていれば腹打ちすることはありません。
注意することは、足を広げて飛び込まないということです。
水しぶきをあげないきれいな飛び込みは、足を開いていてはできませんし、水の抵抗を受けてしまいます。
飛び込んだ瞬間、手を上に向けるのを忘れないでください。
水泳の型に入りづらくなってしまいます。