水泳で気をつけること
このページをブックマークする

水泳で気をつけること

HOME>>水泳を始めよう!>>水泳で気をつけること

水泳をはじめるにあたり、気をつけること、注意しなければいけないことを常に頭に入れておきましょう。水に関わることですので、気楽な気持ちではいけません。水の事故が起こらないよう気をつけておこないましょう。

準備運動は必須

水の中に入る前に、しっかり準備運動をしましょう。自分は大丈夫だからといきなり水に入らないでください。体中の筋をしっかりと伸ばしてストレッチをし、泳いでいるときに足がつらないように、足の体操もちゃんと行いましょう。体をほぐしてリラックスさせることが大切です。準備体操を怠ると思わぬ事故につながりますし、水泳をしたあとに頭痛に見舞われることもあります。

足がつったら…

 

準備運動で、しっかりストレッチをしていないと、水中で足がつってしまうことがあります。足のつりはいきなり襲ってきますので、驚いてパニックにならないようにしましょう。これは、泳げる人でも泳げない人でも同じです。泳げない人にだけ起こるものではありません。泳いでいる最中に足がつってしまったら、慌てると溺れてしまうこともあるので、まずは傷みに耐えて冷静になりましょう。足の指がつってしまった場合は、深呼吸しながら指を引っ張ります。足の裏の場合は指をつまんで足の裏を反らせます。これを何回か繰り返し、落ち着いたら水から出てマッサージをしましょう。ふくらはぎの場合も同じです。とにかく落ち着くことが第一です。水に入る前にしっかりと準備体操をしていれば起こりづらいので、事前の準備が重要です。子供じゃあるまいし! 準備体操なんて! とは決して思わないようにしましょう。

飲んだら泳がない!

プールでは少ないと思いますが、海などで、お酒を飲んで水に入る人がたまにいます。大変危険ですので絶対にやめましょう。泳げる人でも危険な行為ですが、泳げない人だとなおのこと危険です。酔ってしまうと、ちゃんとした泳ぎができず、息継ぎもきちんとできなくなります。泳ぐフォームもとれなくなってしまうでしょう。結果溺れてしまうことになり、命を落とすことにもなりかねません。真夏の海で、友人同士で楽しく海水浴を楽しむのもいいのですが、お酒を飲むと気持ちも大きくなってしまいますので、無理をしがちです。『飲んだら泳がない!』この言葉を肝に命じておきましょう。

泳いだ後の耳と目のケア

泳いだ後のケアも大事ですが、まず水に入る前に耳の掃除をするのが先です。耳あかがたまったまま水に入ると、ふやけてしまい、そのままにしておくと外耳炎になってしまう場合があります。まずは耳の掃除です。

目のケア

 

プールの水には塩素が入っています。ゴーグルをつけていなければ、塩素が原因で目が充血していまいます。泳いだ後はしっかりと目を洗い、できれば目薬も使いましょう。海の場合でも、海水で目が充血してしまいます。しっかりと塩水を洗い流しましょう。

耳のケア

 

耳は、中に水分が残らないよう、しっかりと拭き取りましょう。できれば綿棒でやさしく水分を拭き取ってしまいましょう。そのままにしておくと、外耳炎や中耳炎などを起こしてしまいます。注意が必要なのは、泳いだ後に耳から水が抜けないという場合です。綿棒でいじりすぎて、何もなっていない耳を傷つけてしまう場合があるのです。実際耳に水がたまったままなのでしょうか。多くの場合は、耳の空気が上手く抜けてしないのが原因のようです。高い場所に行くと、耳がツーンとなるときがありますよね。あれと同じ状況が続いている場合があるのです。ずっと耳から水が出ないと思って、実は一時的な耳の狭窄であるときは、鼻を押えて空気を送ってあげるといいでしょう。それでも直らない場合は、やはり水が抜けていないのでしょう。