セームのタオルは水泳用品の必須アイテム

セームのタオルは水泳用品の必須アイテム

セームってどんなものだか分かりますか?セームタオルと言った方がいいでしょう。
水泳での必需品の一つにタオルがあります。
水から出たときには必ず使いますね。セームタオルは水泳をする人にとっては大変便利な優れものなのです。

セームタオルって?

タオル

普通のタオルは一度使って濡れてしまうと、乾くまでそのままですね。濡れたタオルで体を拭くのは気持ちの悪いものです。
そこでセームタオルの登場です。
乾いていると固くて使い物になりませんので、一度水に濡らして絞ってから使います。
水から出た後の体を拭いて、水分を吸収しなくなったらセームを絞って再び拭くことができます。
吸水性がとても優れているので、絞っては拭き、絞っては拭き、何度も繰り返して使用できます。
ある程度体の水分を拭き取ってから、普通のタオルを羽織るようにするといいでしょう。
保管するときは、乾燥すると車用と違って割れやすくなってしまいますので、水分を含ませた状態でケースに入れて保管しましょう。注意することは、水分を含ませて保管しますので、長期間そのままにしていると、カビが発生してしまいます。
使わないときでも、時々出して、すすぎなおしましょう。

車のセームとの違い

車を洗車して拭くときに使うセーム皮は皆さんご存じでしょう。
絞りながら何度でも使える優れものです。
この車のセームと水泳で使うセームの違いは、気泡の大きさと厚さになります。
水泳用の方が、気泡が細かく、これを車に使うとセームがくっついてしまうほどの吸水力です。
肌には凹凸がありますので、くっついてしまうということはないのですね。
くれぐれも、水泳用のセームを車拭き用に流用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

セームタオルの活用

タオルをおおう子供

セームタオルを水泳で使用するのをお勧めしていますが、上でも書いている通り、濡らした状態で保管しますので、カビが発生することがあります。
せっかくこんなに吸水性のあるタオルなのですから、泳がないときでも、自宅でも活用しましょう。
お風呂上がりに使うとバスタオルを汚すこともありませんし、髪の毛の水分をとるにはもってこいです。
これは水泳のときにも言えますが、タオルで髪の毛をゴシゴシしてしまうと痛んでしまいます。
セームタオルを使って、髪の毛を挟んでポンポンと叩くようにするだけで、かなりの水分が吸収できますし、ドライヤーをかける時間も短くなります。
結果として、髪の毛が傷みにくいと言うことになります。
大きさもバスタオルのように大きくなく、ハンドタオルの大きささえあれば、絞りながら全身を拭くことができるくらいなのです。
大きすぎないので髪の毛の水分をとるには十分すぎるくらいですし、お風呂の中にも持ち込めますので、リンスの前に髪の毛の水分をとるにも役立ちます。
しまい込んでしまわずに、セームタオルを自宅でも活用してみましょう。

自宅以外での活用法

セームタオルの吸水性の良さから、アウトドアで使用する人もおおいようです。
キャンプなどに持参して、テントの中で水をこぼしたときや雨のときなどに活用しているようです。
ダスターの代わりにもなるということですね。
汗を拭くタオルとして使用している人もいます。
濡れているため、汗を拭くと気持ちがいいのです。
ぜひ試してみましょう。
汗を拭いて使い終ったセームは、きちんと流水ですすいでおきましょう。

セームタオルのメリット・デメリット

セームタオルのメリット・デメリット

セームタオルの一番のメリットは、やはりその吸収力です。
バスタオルのように大きくなくても、ハンドタオルの大きささえあれば全身を拭くこともできます。
プールに出かけるときは、タオルが大きいので荷物がどうしてもかさばってしまいがちですが、セームタオルだとコンパクトにたたんで携帯にも便利です。
デメリットと言えば、濡らさなければ使うことができないということでしょうか。
水泳をするときには、常にそばに水がありますので、デメリットと呼べるほどではないでしょう。
乾燥すると割れやすくなるので、常に水に濡れた状態でいなければいけませんが、ソフトセームと呼ばれるものは、乾燥しても固くなりませんので便利です。