キャップ

キャップ

HOME>>必要な水泳用品>>キャップ

水泳のキャップは、水の抵抗を少なくするばかりではなく、衛生面からみても着用するのが望ましいです。
キャップといっても、メッシュでできているものやシリコンゴムでできているものなど、様々なものがあります。

キャップの種類

 

水泳キャップには、メッシュのものやシリコン、テキスタイルなどがあります。
立ち泳ぎや横泳ぎをするにはシリコンなどよりもメッシュの方がいいでしょう。メッシュのキャップはサイズがあり、MとLになりますので、自分に合ったものを選びましょう。
シリコンやテキスタイルは、耳まで覆うことのできるものもありますが、サイズのバリエーションはなく、普通はフリーサイズになります。
サイズが合わないと、締め付けられて頭が痛くなったりしますので注意しましょう。

ゴーグルつきキャップ

最近では、飛び込みをしてもゴーグルがズレない、ゴーグル付きのキャップが販売されています。
普通にキャップを被り、ゴーグルを上からスライドさせるだけです。
便利に見えますが、これこそサイズがしっかり合っていなければ、ゴーグルの中に水が入ってしまいますね。

シリコンキャップのかぶり方

メッシュのキャップと違い、ピッタリする素材のため、きちんと被ることが出来なければ、中に空気が入ってしまい、頭にフィットしません。髪の毛が乾いている状態で被るとフィットしづらいので、一度髪の毛を濡らしましょう。
頭の後ろを下に向けて水に入り、顔を上に向けるようにします。頭の後ろから空気を押し出すようにして、空気を逃がしましょう。

キャップを被るときの注意

キャップを被るときは、髪の毛を全部中に入れるようにしましょう。髪の毛が長い場合は束ねてから被ります。
一番注意しなければいけないことは、ピアスをはずしてから被るということです。メッシュのキャップだと、引っかかって思わぬケガをしてしまいますし、シリコンのキャップなどでは、ピアスが引っかかって破けてしまいます。アクセサリー類は危ないですので、事前にはずしておきましょう。

種類別のメリット・デメリット

水泳キャップのタイプも色々あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分に合うキャップを見つけましょう。

メッシュタイプ

メッシュになっているキャップは頭も蒸れませんし、洗いやすく、乾きも早いです。価格も安く購入できますが、水の抵抗を受けやすいので、競泳をする人には向きません。

シリコンタイプ

シリコンのキャップのメリットは、水の抵抗を受けにくいこと、プールの水の塩素で髪の毛が傷みづらいということです。頭にもフィットするのですが、中が蒸れやすく、プールでもときどきキャップをはずして頭を冷やしている人を見かけます。

ラテックスタイプ

これはめったに着用している人はいませんが、スピード重視の人が使うキャップです。軽くて水の抵抗を極力少なくしたもので、競泳向きといえるでしょう。手入れが面倒なので、一般の人でスピードを求めるのであれば、シリコンのキャップで十分です。

COLUMN

 

水泳キャップといえば、昔、シリコンタイプのキャップで、形は頭をすっぽり包み込むような形のキャップだったのですが、横に大きな花の飾りがついたものがありました。子供ながらに、あの水泳キャップだけは被りたくないと思ったものです。今考えると、シリコンゴムのものはスピードも出ますし、余計な飾りは付かない方がいいのではないかと思いますが、髪の毛が痛まないように、塩素から守るのが一番の目的だったのでしょうか。自分はシリコンキャップしか使ったことがありませんが、耳の出るタイプでしたので、花がついているシリコンキャップには衝撃を受けたのを思い出します。