横泳ぎ
このページをブックマークする

横泳ぎ

HOME>>色々な泳ぎ方・動き>>横泳ぎ

横泳ぎは水泳の中でも、比較的簡単に覚えられる泳ぎ方ですが、足の動きを考えると、先に平泳ぎをマスターしてから、横泳ぎの練習をしたほうがいいでしょう。先に横泳ぎを覚えてから平泳ぎにチャレンジすると、うまくキックができなくて、平泳ぎができなくなってしまいます。

横泳ぎってどんな泳ぎ?

体を横にして泳ぐ方法で、水泳の中でもさほど難しい泳ぎではありません。平泳ぎ、立ち泳ぎ同様、顔をあげて泳ぐ泳法です。日本泳法の泳ぎ方を略した泳ぎ方で、一重のしや抜き手なとどいう泳法につながっていきます。ここではよくいわれる横泳ぎについて説明していきます。

横泳ぎの練習法

いきなり水中で練習せず、まずは陸上で練習しましょう。イメージを持つことが大事です。

手の動き

 

まず床に横向きになって寝て、体の下になっている腕は真っ直ぐに頭の上に伸ばします。体の上になっている腕は、伸ばします。
胸の前で両手を合わせ、体の下になっている腕を頭の上に伸ばしながら手の平を下に向けます。腕をひねるような感じになります。
体の上の腕は、胸元から足の方向へ、手の平を使って水を押しながらかきます。
頭の上まで伸ばした腕は、手の平を上向きにして胸元へ戻し、上になっている腕は、手の平でお腹をなでるようにして胸元へ戻します。これが一連の腕の動きになります。

足の動き

上の方の足の膝を直角に曲げて前に出し、下の足も後ろの方に曲げて反らします。その後、前に出している足の裏と、後ろに反らせている足の甲で水を挟むようにして水をあおります。

水に入って練習してみよう

水の外で一連の動きを練習して、横泳ぎのイメージがつかめたら、いよいよ水の中で練習してみましょう。腕と足のタイミングですが、曲げた足を真っ直ぐに伸ばすときに、胸の前で合わせていた腕を頭上と足方向へ水をかくようにするといいでしょう。頭を起こしすぎると体が沈んでしまいますので注意します。顔を上げて泳ぐために、立ち泳ぎ同様、自分の位置も確認できますし、比較的体力を使いませんので、女性やお年寄りでも楽に泳げる泳法といえるでしょう。