平泳ぎの泳ぎ方

平泳ぎの泳ぎ方

HOME>>4つの泳ぎ方>>平泳ぎの泳ぎ方

平泳ぎはブレストストロークの名前から、ブレとも呼ばれています。足と手の動きがバラバラなので、うまく泳げずに徐々に沈んでしまう人もいるようです。沈まないように正しいフォームで泳いでみましょう。4泳法の中では一番難しい泳ぎ方で、ルールも細かく決められています。

平泳ぎの種類

 

平泳ぎには2種類の泳ぎ方があります。昔からあるストレート泳法と、近年になって正式な泳ぎ方と認められたウェイブ泳法とがあります。ストレート泳法は頭を出したまま直線の動きで泳ぐ方法です(海では皆この泳ぎ方ですね)。後に、頭が水の中に入ることが正式に認められ、ウェイブ泳法が使えることになりました。泳ぐスピードは、ストレート泳法に比べると、ウェイブ泳法の方が速く泳ぐことができます。ここではウェイブ泳法について説明していきます。

平泳ぎのキック

 

平泳ぎのキックの方法は2種類です。昔から行われていたヴェッジキックは挟んだときに前に進む力が働き、ウィップキックは蹴ることで前に進みます。速く泳ぐことができるのは、ウィップキックの方です。

ヴェッジキック

肩幅に足を曲げて広げ、外側に蹴り出して足が伸びた状態から、両方の足を挟むようにして足を閉じるキックです。膝を曲げて1、蹴り出して2、挟み込んで3のリズムになります。

ウィップキック

ヴェッジキックが肩幅に膝を開くのに対し、ウィップキックはゲンコツ1個分くらいしか広げません。その状態から後ろに向かって弧を描くように閉じながらキックします。膝を曲げて1、蹴り出しながら閉じて2のリズムになります。どちらのキックにしても、膝が立ってしまうと、水の抵抗を受けやすくなりますので注意しましょう。膝が前に出すぎていてもいけません。

平泳ぎの腕の動き

平泳ぎの腕の動きは、クロールなどとは全く違いますので、説明に入る前に平泳ぎの用語の意味について紹介していきます。

キャッチ

 

け伸びの状態から、手首を使って水をキャッチするように、肩の幅まで開く動きです。

プル

水をかく動きです。肘を下げすぎない、上げすぎないようにして手の平だけではなく、腕全体で水をかくように意識しましょう。

息継ぎ

水をかいたあとに、腕を引いて脇をしめるときに息継ぎをします。腕の動きは止まらないようにします。

リカバリー

キックをしたときに、腕も前に伸ばします。水の上に手が出てしまわないように意識しましょう。

伸び

け伸びの状態です。リカバリーの後にこの状態になります。

水のかきかた

平泳ぎのプルも、外かきと内かきの2種類がありますが、ほとんどの人は外かきなので、それについて説明していきます。前に出した手の平を腕よりも外側に広げるようにし、円を描くように水をかきます。肘は上にあがらないようにしましょう。かいた後の腕の動きは、手の平を胸の前で合わせるようにして、伸びの状態に戻ります。

平泳ぎの息継ぎ

 

水をかくのが終了したら、息継ぎの動作に移ります。脇をしめて背筋を伸ばします。脇を思い切りしめることによって、勢いで体が水面から出ることの助けになります。脇をしめるときは、体の前寄りでしめるようにして、体を斜め前にあげるようにします。あまり水面から体が出すぎないようにして、息継ぎをし、出るときに伸ばしていた背中は、水に入るときは少し丸めるような感じにします。

平泳ぎのリカバリー

息継ぎが終って腕を前に出すときにリカバリーをします。水中でリカバリーをするため水の抵抗を受け、平泳ぎはどうしても他の泳ぎ方に比べてスピードが遅くなります。プルの動作からリカバリーに移るまで、動きを緩めないのがコツです。手を前で揃えて伸びの体勢になるまでは、動きを止めないようにしましょう。