クロールの泳ぎ方

クロールの泳ぎ方

HOME>>4つの泳ぎ方>>クロールの泳ぎ方

4泳法の中でも、クロールは基本的な泳ぎになります。全ての泳ぎに通じていきますので、クロールはしっかりマスターしておきましょう。クロールは通称「フリー」とも呼ばれています。フリースタイルの競技で、ほとんどの選手がクロールで泳ぐことからこう呼ばれています。

クロールキック編

クロールでの足使いは、コツをつかむまでは難しいかもしれません。しっかりとバタ足を習得していれば、スピードにもつながっていきます。もちろん手の動きもしっかりと身につけなければいけません。

足首の動き

足首は力を入れずにブラブラの状態にします。尚かつつま先を伸ばし、足首が伸びている状態が望ましいです。足首をやわらかい状態にしておくのが上手なキックをするコツです。

膝の動き

よく自己流で泳ぎを覚えた小学生が、水しぶきを上げながらバタ足をしているのをプールで見ますが、これは膝が曲がっているからです。膝は力を真っ直ぐに伸ばしましょう。こうするとわずかに膝が曲がります。本当に膝が真っ直ぐに伸びている状態では力が入っている証拠になります。

ももの動き

キックはももを動かして蹴ります。ももをしっかりと動かして、膝、足首へと折れずに柔らかく曲がるように連動させます。キックの練習をたくさんすると、お尻が筋肉痛になると思いますが、正しいキックをしている証拠になります。

クロール手の動き編

 

水泳で、手で水をかくことを「プル」といいます。プルには3種類あり、ストレートプル、C字プル、S字プルとありますが、初心者はストレートからはじめましょう。徐々にC字、S字と移っていきましょう。共通していえることは、遠くに手を入れて、遠くから出すということです。手を水に入れる、引く、押す、水から手を出す、腕を前に戻す、この5つの動作があります。

手を水に入れる

泳いでいて手で水をかくときに、まず少し外側に手のひらを向けるようにします。一番水の抵抗を受けない方法で、人差し指から水にはいることになります。手を真っ直ぐに入れてしまうと、水の抵抗を受けてしまいますので気をつけましょう。水の中に入った腕は、思いっきり肩から伸ばすようにして前に出します。こうすると、反対側の手よりも前に出ることになります。もちろん腕は真っ直ぐ前に伸ばすことがポイントです。左右の腕の動きのタイミングですが、初心者は指先を揃えてから次の腕をあげるようにします。スピードを求めるのであれば、上にあげた手が水に入る前に反対側の腕のプルを始めます。

 

腕を引く

水に入った腕を引く動作をします。肘は高い位置をとり、脇を閉じないようにして体の近くをかくようにします。体から離れすぎた位置だと、真っ直ぐ泳ぐことができませんので注意しましょう。

押す動作

水を押して前に進む力を助ける動きです。腕を引いて水の中に入ったら、今度は水を押して、ももにつくくらいまで伸ばします。押す動作の最後には、手の平は上を向いているようにします。

水から手を出す

押す動作のあとには、水から腕をあげる動作に移ります。肘が水中で伸びきったら、上方向に肘をあげるようにして手を抜きましょう。水しぶきが後ろに飛ぶようなことがあれば、押す動作が終らないうちに腕を上げてしまっている証拠です。

腕を前に戻す

水から腕を出したら、元に戻す動作に移ります。なるべく低い位置を保ちながら体の近くを通って腕を前に戻します。肩を回しながら、肘を高くあげて前にもどすとうまくいきます。

息継ぎの方法

 

息継ぎがうまくできないという人は多いでしょう。タイミングさえつかんでしまえばきっとできるようになります。胸のあたりをかいているときに顔を横に上げ、あばら骨を通り過ぎる頃に息を吸います。このタイミングが遅すぎると頭があがってしまうので、息継ぎが苦しくなってしまいます。息継ぎで大事なことは、「息を吐く」ということです。吐かなければ息を吸うことはできません。十分水中で鼻から息を出しますが、全部出し切ってはいけません。顔をあげたときに「パッ」としなければ、顔の周りの水を飛ばすことができずに、水を飲んでしまうことになります。最後の一呼吸は残しておきましょう。こうすることにより、自然に息継ぎをすることができます。息継ぎのときの顔は、脇を見るようにすると、口から水面に出ることができますので、スムーズに行うことができます。慣れるまでは水を飲んでしまうかもしれませんが、練習を重ねるうちにきっとできるようになるでしょう。