バタフライの泳ぎ方
このページをブックマークする

バタフライの泳ぎ方

HOME>>4つの泳ぎ方>>バタフライの泳ぎ方

バタフライは水泳の中でも、泳ぎ方が難しいと思う人が多いかもしれませんが、頭で考えるほど難しい泳ぎではありません。平泳ぎが変化したもので、通称「バッタ」と呼ばれます。腰が悪い人は避けた方がいい泳法です。

バタフライのキック

バタフライは力任せに泳いではいけません。見た目はそのような印象を受けますが、力で泳ぐのではなく、リズムで泳ぎましょう。バタフライのキックは足を揃えて行うドルフィンキックです。まずキックの練習からしましょう。

真っ直ぐな体勢でキック

体を真っ直ぐにした状態でキックの練習をします。膝は90度に折り、足首は伸ばします。腰をしっかりと使ってキックして進んでみましょう。

グライドキック

前方に手を伸ばし、腕から足までうねるように反動をつけてキックします。体を真っ直ぐにしてキックするのと比べると、腰を動かしづらいので、腰を意識してキックしてみましょう。

第一キック・第二キック

バタフライのキックは2回1セットです。1回手で水をかいたら2回キックするということです。1度目のキックは前に進むためのもので、2回目のキックは浮くために行うキックと考えるといいでしょう。足首に力が入らないように注意します。

バタフライの腕の動き

 

肘を持ち上げるようにしたら、頭、顔の周りを手の平で円を描くように水をかきます。手が胸にきたら斜め後ろに水を押します。水中でのこの一連の動きをS字になるようにスムーズに動きます。この動きがスムーズでなければ、バタフライ特有の両手を広げて水の上を豪快に飛び出しながら泳ぐスタイルができません。

バタフライのリカバリー

 

バタフライならではのリカバリーは、見ていると豪快でかっこいいですね。力任せにしていると進まないばかりか、体が水上に上がることができませんので、コツをしっかりと覚えましょう。まず、水から手を出す位置は斜め後ろから出るようにします。腰をしっかり使っていれば、水の上に肩が出るはずです。あとは腕を横に回すだけです。腕を上げてリカバリーするのではなく、腰を使ってリカバリーするのです。腕の力だけで行おうとすると、肩が上がらないので無理して腕をあげることになり、体も沈んでしまいますし、腕も疲れてしまって泳げなくなってしまいます。腰のうねりが重要な泳ぎ方なのです。手の平は前を向かないように注意しましょう。

腕と足のタイミング

バタフライでは、腕と足の動きのタイミングが合わないと、前に進まないどころか泳ぐことができません。上手にタイミングをとりましょう。

第一キック

 

1度目のキックのときの手は、水をかいてはいけません。
多少前に伸びるようなタイミングで1度目のキックをします。


第二キック

 

手が頭の周りで円を描き終ったときに足は90度に折れているようにします。手が斜め後ろに水を押したときに2回目のキックがでるようにしましょう。どんな場面でも腰を使って、手の先から足の先まで、しなやかにうねるようにします。自分がイルカになったイメージをしてみましょう。

バタフライの速さ

バタフライは水泳の中でも、クロールに次いで早く泳ぐことができる泳法です。元々は平泳ぎから変化した泳ぎ方で、競技でも平泳ぎとバタフライが混同して泳がれていた時代もありました。平泳ぎが水の中でリカバリーするのに対して、バタフライは豪快に水上でリカバリーするため、両方を比べるとスピードにかなりの違いが出てきます。そのため、平泳ぎとバタフライは別の泳法として区別されるようになりました。平泳ぎよりも難しく見えるバタフライですが、体をうねらせることと、手足のタイミングさえつかんでしまえば、平泳ぎよりも泳ぎをマスターしやすいものです。