背泳ぎの泳ぎ方
このページをブックマークする

背泳ぎの泳ぎ方

HOME>>4つの泳ぎ方>>背泳ぎの泳ぎ方

背泳ぎは水泳の中でも唯一仰向けになって泳ぐ泳法です。顔に水がかからないので、他の4泳法よりも不安感がなく練習できると思います。背泳ぎは通称「バック」とも呼ばれていて、その名の通り、後ろ向きに泳ぐことからきています。

浮くときの注意

 

背泳ぎで、どのくらい頭が水に入っていればいいかわからないかもしれませんね。
だいたい顔の半分、耳が水につかるくらいになります。腰も折れないように注意しましょう。腰が折れていると体が沈んでいまいます。あごもあげてはいけません。
ヘソをみるように、少し引き気味にします。



背泳ぎのキック

背泳ぎは、クロールが裏返しになったものなので、基本的に足の動きは同じです。ただ、クロールはアップキックだけなのですが、背泳ぎにはダウンキックもあります。

ダウンキック

 

ダウンキックは浮力を生むためのキックです。
膝を真っ直ぐに伸ばし、意識して下に蹴ります。
力の入れ方を比べると、アップキックが4だと、ダウンが6になります。

アップキック

 

アップキックは軽く上に向かって蹴り上げるだけです。このアップキックとダウンキックが上手に連動して正しいキックになります。
力が入りすぎていたり、膝が曲がっていると体が沈んでしまいます。


背泳ぎの腕の動き

背泳ぎの腕の動かし方は2種類あります。水泳初心者はストレートプルで泳ぐといいでしょう。耳の後ろまで腕をあげ、そのまま横に腕を回してももにつける動きのことをいいます。腕は常に真っ直ぐ伸びている状態になります。もう一つの動かし方はS字プルといい、真っ直ぐに伸ばした腕を頭の上で水の中に入れ、そのまま下に向かって円を描くように水をかきます。その後、体の横に腕を持ってきます。

ストレートプル

 

腕をあげたときの手の平は、外側を向いているようにしましょう。その状態から真横に腕をおろして小指から水に入るようにします。そのままの状態で、ももに手があたるまで水を押します。手がボートのオールになっているようなイメージをすると分かりやすいでしょう。S字プルに比べると、半円を描くような腕の動きになるので、体が真っ直ぐすすまずに、クネクネとしてしまいがちです。水をかくときに、あまり強くかかないのが真っ直ぐに泳ぐコツです。スピードもあまり出ませんが、ストレートプルに慣れたら上級者向けのS字プルにチャレンジしてみましょう。

背泳ぎのリカバリー

背泳ぎでのリカバリーは、手を前に戻す動きのことです。気をつけることは、力を入れないことを意識しすぎて、手首までダランとしてしまわないようにすることです。手を回す時間も、ゆっくりしすぎると、腕が上がっている時間が長くなるために、沈みやすくなってしまいます。

背泳ぎの息継ぎの仕方

 

上を向いて泳いでいるからといって、いつでも好きなときに息継ぎをしていいわけではありません。息を吸って肺に空気が入ると、体は浮きやすくなります。そういうことを考慮すると、決まりはありませんが、腕を上に上げたとき、一番高い位置にあるときに息を吐くといいでしょう。吸うときは、手が水に入る前に行うと、体も沈みづらくなります。

COLUMN

自分が泳げるようになったのは小学校低学年の頃です。スクールに通ったわけではないので、完全に自己流の泳ぎだったのですが、背泳ぎは息継ぎも比較的簡単なのでよく泳いでいました。ただ、一般開放されているプールでは、大勢の人が泳いでいます。競泳用コースではないので、背泳ぎで泳いでいると必ず誰かにぶつかってしまいます。今考えると、なんて迷惑な泳ぎをしていたのだろうと思います。自己流だったため、体もすぐに沈んでしまい、顔をあげればいいのだと思い、アゴをあげて泳いでみたところ、鼻に水が入って痛い思いをしました。こうしてインターネットなどで簡単に泳ぎ方を調べられる時代でしたら、もっと上手に泳げるようになっていたかもしれません。