4つの泳ぎ方

4つの泳ぎ方

クロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4つの泳ぎ方を4泳法と呼びます。
これまでは水に慣れたり浮くことや、キックの練習をしてきましたが、いよいよ4つの泳ぎ方に突入していきます。
しっかりマスターしましょう。

4つの泳ぎ方の歴史

4つの泳ぎ方は4泳法と呼ばれるもので、先にも紹介しましたが、クロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4種類を4泳法と呼びます。
19世紀に始まったスポーツとしての水泳ですが、当初の主流な泳ぎ方は横泳ぎと平泳ぎでした。
その後、腕を交互に水面上に出すトラジオン方式が考案され、これまでよりも速く泳ぐことができるようになりました。
このときの足が、あおり足と呼ばれ、それが改良されてバタ足になりました。
そこからクロールが誕生したのです。
その後も泳ぎ方は様々な改良や考案がされ、平泳ぎが誕生したあと、30年弱でバタフライが生まれ、競技会でも混合されていましたが、のちに完全に別なものとして分けられました。
分けられた頃のバタフライはカエル足でキックをしていました。
後にドルフィンキックに改良されていきます。背泳ぎは大正時代にはすでに競泳種目になっています。
形は現在とは全く違い、足はカエル足、腕は両方を揃えて水をかいていました。
その後、クロールを裏返した形へと改良されていきました。

4つの泳ぎ方で速いのは?

4泳法の中で一番速く泳げるのは、自由形メドレーなどで、ほとんどの選手が使うクロールです。足で水をキックして、前方から後方に向かって大きく水をかくスタイルが、速く前進できるフォームだからでしょう。
次ぎに速いのはバタフライです。
ドルフィンキックで力強く水を蹴り、豪快に進んでいきます。
その次がクロールを裏返した形の背泳ぎで、一番水の抵抗を体に受けやすいフォームの平泳ぎが一番遅い泳ぎ方になります。

水泳を楽しむために

 

水泳を楽しむためには、ライバルを作らないことです。
競争心が出てしまうとどうしても焦りの気持ちがでますので、同じ水泳をする仲間として、楽しく泳ぐようにしましょう。
自分の体調も十分に考慮しなければいけません。
血圧がいつもより低かったり高かったりするようであれば、水に入るのはやめましょう。
食事もバランスを考えて規則正しくとり、空腹や満腹のときは泳がないようにします。
初心者の頃は体調に気を使っていても、慣れてくるとそうしても体調管理が疎かになりがちです。
自分でも知らぬ間に無理をしてしまいがちなので、しっかりと体調を整えて水泳に臨みましょう!

こっそり水泳マスター関連記事

  1. 水泳を始めよう水泳を始めよう!
  2. 水泳というスポーツ水泳というスポーツ
  3. 水泳で気をつけること水泳で気をつけること
  4. 水泳のマナー水泳のマナー
  5. 脱!かなづち脱!かなづち
  6. まずは水に慣れようまずは水に慣れよう
  7. 水に浮かんで進んでみよう水に浮かんで進んでみよう
  8. ビート板でキックビート板でキック
  9. 手の補助でキック手の補助でキック
  10. ヘルパーで背面キックヘルパーで背面キック
  11. 4つの泳ぎ方4つの泳ぎ方
  12. クロールの泳ぎ方クロールの泳ぎ方
  13. 平泳ぎの泳ぎ方平泳ぎの泳ぎ方
  14. バタフライの泳ぎ方バタフライの泳ぎ方
  15. 背泳ぎの泳ぎ方背泳ぎの泳ぎ方
  16. 色々な泳ぎ方・動き色々な泳ぎ方・動き
  17. 立ち泳ぎ立ち泳ぎ
  18. 横泳ぎ横泳ぎ
  19. 水泳のターン水泳のターン
  20. 水泳飛び込み水泳飛び込み
  21. 必要な水泳用品必要な水泳用品
  22. 競泳水着競泳水着
  23. ゴーグルゴーグル
  24. キャップキャップ
  25. セームセーム
  26. その他の水泳用品その他の水泳用品